メガネが下がってくる場合の原因や対処法を紹介

公開日:2024/05/15

眼鏡下がる

メガネが下がってくる悩みは、誰もが経験したことがあるはずです。原因や解決策を知らないと、快適な視界が得られません。この記事では、メガネが下がる原因と、フィットしていないメガネがもたらす問題に焦点を当て、効果的な対処法を紹介します。正しくフィッティングされたメガネで快適な視覚体験を手に入れましょう。

メガネが下がってくる原因

メガネをかけた際、不快な違和感や、ズレが気になることはありませんか?その違和感の正体は様々な原因によるものです。メガネがズレるサインや、その背後にある主な理由を探り、どのように対処するかを解説します。まず、メガネが適切にフィットしていない場合、以下のようなサインが現れます。これらに当てはまる箇所があるか確認しましょう。

・下を向いたときにメガネがずれ落ちてくる

・顔を正面から見たとき、左右のバランスに違和感がある

・鼻パッドが浮いたり、鼻周りに痛みを感じたりする

・メガネをかけてるとき、耳周りに痛みを感じる

また、痛みはないものの、かけたときに違和感がある場合は、鏡でレンズの中心から黒目の位置やフレームの平行具合を確認しましょう。これらが異常であれば、メガネの調整が必要です。つぎに、メガネがずれてしまう原因について見ていきましょう。以下、いくつか考えられる原因を紹介します。

メガネのサイズが合っていない

メガネが顔にフィットしていないと、体を動かした際や時間が経過するとずれやすくなります。通販での購入時にはとくに注意が必要です。

メガネの変形

扱いが荒いとメガネが変形し、顔に合わなくなります。力を加えずに付け外しすることが大切です。

フレームやパーツの劣化

長時間の使用や経年により、鼻パッドやネジが劣化し、メガネがずれる原因となります。定期的なメンテナンスが必要です。

汚れで摩擦力が落ちている

汗や皮脂の汚れが付着すると、摩擦力が低下し、メガネがずれやすくなります。清潔に保つことが重要です。

これらの原因を理解し、メガネの適切な調整や手入れを行うことで、快適な視界を保つことができます。メガネがフィットすることで、日常生活がより快適になります。

下がってくるメガネを使用し続けるデメリット

メガネが下がってくるのは些細な問題に思えるかもしれませんが、実はそれが健康に与える影響は軽視できません。着用中にズレてくる、フィットしていないメガネを使用し続けることで、さまざまなデメリットが生じます。

眼精疲労や体調不良のリスク

メガネが正しい位置に固定されていないと、眼精疲労が引き起こされやすくなります。黒目とレンズの距離が正常な位置から外れ、視界が歪むことで、頭痛や吐き気などの体調不良が発生する可能性があります。さらに、鼻や耳に痛みを感じることもあるため、これらの症状は無視できません。

体全体の不調

眼精疲労は目だけでなく、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気など全身に影響を及ぼす可能性があります。これらの不調が慢性的になると、精神疾患のリスクも高まります。また、老眼を早める危険性も考えられるため、メガネのずれは軽く見過ごせません。

集中力の低下と汚れの蓄積

メガネがずれるたびにかけ直す動作は、集中しにくくなる一因となります。また、触れるたびに皮脂や化粧品がメガネに蓄積しやすくなり、清潔さを保つことが難しくなります。汚れがたまると視界が悪くなり、メガネの効果が損なわれます。

外見の印象が悪化

メガネがずれている様子は他人にも目立ちます。眉とリムの間に隙間ができ、だらしない印象を与えることがあります。見た目の印象が悪くなると、自信や信頼感にも影響を及ぼします。

メガネの調整や定期的なメンテナンスを怠らず、正しい位置に固定することでこれらのデメリットを避け、快適な視界と健康な生活を実現できます。メガネの使用において、適切なケアが重要であることを心に留めておきましょう。

メガネ下がりの対処法

メガネが下がると、快適な視界を妨げるだけでなく、健康にも影響を及ぼす可能性があります。ここでは、メガネ下がりに悩んでいる方への対処法を紹介します。

片手だけのかけ外しをやめる

片手でメガネをかけ外しすると、片側のテンプルのみに負荷がかかり、フレームが歪みやすくなります。この癖をやめ、両手を使って丁寧にかけ外しすることで、メガネの形状が安定し、ズレにくくなります。

鼻パッドやフレームを洗って拭く

メガネは清潔に保つことが重要です。専用のクロスや水洗いを使って鼻パッドやフレームを洗い、汚れを取り除くと、汗や汚れによるズレを防ぎます。ただし、石鹸の使用は避け、中性洗剤を使用するか、メガネクリーナーを利用しましょう。

ズレ防止アイテムを使用する

顔の形や骨格によっては、フィッティングだけではズレを防げない場合があります。そんなときは、市販のズレ防止アイテムを利用しましょう。これらのアイテムは鼻パッドやテンプルに取り付けて、メガネを安定させます。

店頭で定期メンテナンスする

定期的な店頭メンテナンスもおすすめです。フィッティングの調整や鼻パッドの交換、フレームの点検などを専門店で受けることで、メガネのパフォーマンスを最大限に引き出し、ずれにくくします。

ほかにも、メガネの正しい取り扱い方法を知る、専用のケースに入れて保管、高温多湿の環境下での使用や保管を避ける、新しいメガネに買い替えるなどが、メガネ下がりの対処方法として挙げられます。適切な対処法を見つけ、日常のメガネの使用をより快適なものにしましょう。

まとめ

メガネが下がる悩みに対処するための効果的な方法は多岐にわたります。メガネが適切にフィットしていない場合、顔に合わないサインが現れます。適切な調整や手入れを怠らず、メガネのサイズや形状、清潔さに注意することが重要です。ズレたメガネを使用し続けることで生じる眼精疲労や全身不調、外見の印象の悪化などのリスクもあるため、適切なケアが必要です。片手でのかけ外し癖を改善し、専用アイテムや定期メンテナンスを活用することで、快適な視界と健康な生活を維持できます。

新宿のメガネ屋おすすめ5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡Zoff眼鏡市場PARIS MIKIJINS
特徴理想のメガネに巡り合える国内最大級の品揃えプライスもサービスも顧客が納得できるものを提供しているすべてのメガネがレンズ一式価格となっており、コストパフォーマンスが高い充実したサポートプランで顧客のメガネライフをサポートどんな度数のレンズでも追加料金0円でお財布に優しい
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
新宿メガネ屋ランキング一覧